Maniwa Animation festival 2018

勝山アニメーション・ショウケースvol.4
■8月18日(土)~9月2日(日) ひしおホール
『G9+1/101年目のアニメーション』+『ICAF勝山上映』

  • 『穴』 2009/29分
  • 『TOKYO未完成』 2013/15分
  • 『G9+1のナントカ天国』 2016/22分
  • 『九爺一助☆新畫帖』2017/ 6分 (計72分)

※ICAFプログラムとの交互上映
・『G9+1』 11:00/14:30
・『ICAF勝山上映』13:00/16:00
********************************************
■8月29日(水)ひしおホール
「JAZZ meets ANIMATION」島健トリオとG9+1
演奏+映像 …『九爺一助☆新畫帖』『キツツキ(穴)』他1~2曲
アニメーション、映画にまつわるスタンダードナンバー集
16:00〜 夕方の部/ 60分
19:00〜 夜の部/ 60分
各回:1階席:2,000円
各回:2階(立ち見):1,000円
詳しい情報はこちらをご覧ください。

  • チケット発売開始:2018年8月2日(木)
    プレイガイド:勝山文化往来館ひしお
    チケットのご予約は、電話・電子メールで受け付けております。
    電話:0867-44-5880 (10:00〜18:00水曜休館)
    e-mail: hishio2@space.ocn.ne.jp
    (勝山文化往来館ひしお 担当:新幸・種延)
    *お席に限りがございますので、定員になり次第締め切らせていただきます。

********************************************
WORK SHOP:G9+1によるソーマトロープづくり
■8月29日(水)10時30分〜12時 ひしお喫茶スペース
講師:G9+1(古川タク、一色あづる、大井文雄、きらけいぞう
鈴木伸一、福島治、ひこねのりお、和田敏克)

  • おとぎプロ/東映動画/虫プロ/草月アニメーションフェスティバル…1960年代より、今なお現役として活躍を続ける9人のベテラン・アニメーション作家たち【G9=ジーナイン】と、中堅の進行役【+1=プラスワン】をメンバーに、《自主制作とその上映活動》を目的として結成された、アニメーション創作集団。

協力:東京工芸大学 橋本研究室/吉備国際大学
********************************************
アニメーション マッピング:勝山文化往来館ひしお周辺
■8月24日(金)・25日(土)・26日(日) 19時30分〜21時

  • 東京工芸大学 橋本研究室
    橋本研究室では、絵作りからサウンドまでアニメーションに関わる分野を幅広く学んでいます。アニメーションを使用した表現のひとつとして、勝山町並みプロジェクションマッピングに取り組み、勝山での作品は今年で7年目となります。3年生を中心に編成されたチームで作品制作にあたり、この夏に勝山でしか体験の出来ない作品を制作します。

********************************************
プレ・イベント[プロモーションビデオ制作]
■7月22日(日)~8月26日(日)
・勝山文化往来館ひしおと旧遷喬尋常小学校で上映中!

主催:特定非営利活動法人 勝山・ 町並み委員会/真庭市
後援:真庭市教育委員会/(一社)真庭観光局/勝山観光協会
機材協賛:株式会社シネ・フォーカス
協力:株式会社猿人
お問合せ:勝山文化往来館ひしお tel:0867-44-5880