hishio1 勝山は日本海と瀬戸内海を結ぶ旧出雲街道の要衝の地であり、かつては高瀬舟による交易も盛んでした。物と文化の行き交うところとして栄えてきた町でした。現在は、町並みを飾るのれん、町中あげてのひな祭り、勝山を離れている若者が年に一度このためには帰ってくるという秋の勝山祭りなど、自分たちの暮らしを大事にする町として、住民がここで豊に生きる事、楽しく生きる事を主眼とした、住民主体の町として注目を浴びています。ひしおは、この伝統ある元気いっぱいの町で文化や人種、世代を超えたアート体験を共有することによって、地域の人も訪れる人も、アーチストも鑑賞者も、老いも若きも、みんなが心を開き、親交を深めることを目的として設立されました。そして、そのことがいい刺激、インスピレーションとなり、勝山が一層生き生きとした魅力のある町になっていくことに繋がることを願うものです。「ひしお」という名は、文化を醸造する、‘はぐくむ’という意味をこめてつけられました。